ファーストサーキュラーの送付

本日、日本宗教学会 第73回学術大会のファーストサーキュラーを会員の皆様に送付しました。

本大会では大会テーマを特に設定いたしませんが、「宗教と対話──多文化共生社会の中で」をテーマに、3人のパネリストをお招きして大会初日に公開シンポジウムを行う予定です。宗教(研究)間の対話、宗教と世俗社会との対話は、細分化が進み、時として専門領域間の交流が不足しがちな宗教研究への新鮮な問いかけを含んでいます。また、宗教研究が社会の状況から孤立しないためには、隣接する諸学問との学際的な対話も不可欠です。こうした課題を踏まえ、多文化共生を意識しながら、新たな対話を促すシンポジウムを予定しています。

本大会における発表形式は、「個人発表」「パネル発表」の2種類です。発表申込締切は、5月20日です。

大会にご参加の方は、オンライン、または同封の参加申込書(葉書)にて、5月20日必着で、お申込下さい。大会参加費および懇親会費は、同封の振込用紙をご利用の上、8月29日までに、ご送金下さい。

下記のリンク先は、送付するファーストサーキュラーの振込用紙、参加申込書(葉書)を除く文書のPDFファイルです。確認用にご参照下さい。

広告